収入証明書不要なキャッシングローンの契約と借り入れ限度枠

消費者金融のキャッシングローンは、現在はスピード審査、即日融資が合言葉のように、殆どの会社で行なわれています。web上で仮審査をするだけでスムーズに借り入れまで進める事ができ、中にはインターネット内で契約が完結できるような会社まであります。

アルバイトやパートの人も借りられるような定額融資では、収入証明書不要で審査を行なうことも出来ます。迅速に手軽に契約を完了できる。これが今のキャッシングローンの魅力の一つです。ですが、収入証明書不要な代わりに、利率は法に規制されている利率制限値である20パーセントに限りなく近くなっています。借り入れ枠拡大をすれば金利は下がりますが、収入証明が必要になってしまうので気をつけましょう。

キャッシングローンは大手だと様々な場所にATMがあるので便利です。webでも借り入れの契約を行なえますし、同時に様々な方法で返済も行なえます。この手軽さが魅力でもあります。だからこそ、計画的に使用しなければいけない面もあります。

手軽さばかり体験してしまうと、カードの借り入れ枠が自分の財布の中身のように錯覚してくる人は少なくないそうです。きちんと借金をしているという 意識を高める事が、無駄な借り入れを起こさない事に繋がりますので、借金をしている、という事だけは忘れないようにしましょう。手軽で使いやすいですけれ ど、クレジットカードではないのですから、こまめな借り入れは感覚を麻痺させてくるのではないでしょうか。

収入証明書なし キャッシング

カードローンの申し込み(プロミス編)

金融業者で提供しているカードローンを利用するには、申し込みが必要になります。例えばプロミスのような消費者金融などでは申し込みは、電話やWEB上からの申し込みが出来る様になっています。ネットの検索によりホームページ上で、申し込み資格や金利などを確認して、自分に見合ったローンを見つけます。

業者のホームページではWEB上からの申し込みも出来ます。WEB上で申し込みをする際には、氏名や住所や生年月日や電話番号などを記入します。そのほかには勤務している会社の情報や、住まいの情報を記入する事になります。そして身分証明書等の提出も行うことになっています。身分証明書の提出は免許証等を携帯で撮影して、指定されたメールアドレスにメールに添えて送るか、FAXなどを利用して提出します。

このようにWEB上で申し込みをすると、申し込みの事実確認の連絡が入ります。その後には申し込みをした情報を元に、例えばプロミスでは審査を行います。審査は信用情報機関の情報を開示して行っています。信用情報機関の情報には、借入状況や返済の遅延情報が登録されています。そのほかには信用情報の開示情報も登録されています。

どの金融業者でも信用情報機関の情報を利用して、審査を行います。審査はあくまでも自社の審査基準に合わせて、審査を行います。そして審査に通った方が、カードローンの融資を受けることになります。キャッシングカードが発行されて、ATMでキャッシングが出来る様になります。そして利用をした場合は毎月返済をすることになります。自分に見合ったカードローンを見つけて、申し込みをする事が大切です。